テーマ:動物

タイガー

 阪神タイガース、タイガーウッズ、タイガー魔法瓶…今年は寅年である。ちなみに国際自然保護連合の発行するレッドデータブックによると、トラは絶滅危惧種に指定されている。近い将来、野生での絶滅が心配されるらしい。中でもシベリアトラはレッドデータブックにおいてさらに上ランクの絶滅寸前種だということである。  普段の生活において、我々はトラが絶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱肉強食 その4

 またヘビとネズミの写真である。くどい。毎日なにを語ろうかとネタに困っているのだ。今日の写真は、ハンターの口から獲物のしっぽがちょろ~んと出ている。これでネズミはヘビの血となり肉となる。  人間だって同じだ。豚や牛やニワトリを食う。昔はいで家のある村でも、村の祭りの日にはニワトリをさばいて食っていた。首をちょん切ると、ニワトリは首なし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱肉強食 その3

 クマにおそわれた、ハチにさされたといった被害が報告されるものの、日本には危険な動物といわれるものが比較的少ない。よその国には毒を持ったものや人間をも食ってしまう動物が、その辺の森や川にフツーにいたりする。凶暴な動物なんちゅうものは人間から見た限りのことであって、自然界では当たり前のことである。とはいうものの、その辺の川にワニがいなくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱肉強食 その2

 ヘビにひっとらえられたネズミが暴れるのをやめると、ヘビは獲物のあたまをパクッとくわえた。こんなおおきな獲物でも、やはり丸呑みするつもりらしい。人間のようにゆっくり噛んで味わうもへったくれもありゃしない。彼らはただ生きるためだけにエサを呑むのだ。  脇で見物している人間たちは、もちろんネズミを助けようなどとはつゆほども思わない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱肉強食 その1

 弱いものの肉を強いものが食う。動物の世界ではあたりまえのことだが、資本主義の経済界においても弱肉強食はフツーだ。日本国が進むべき方向へのみちしるべは何をもってそれとすべきなのであろう。  んなこたあどうでもよいとして、今年の夏のお話である。  いで家は野菜農家である。夕方になると、出荷用のとれたての野菜さんたちを袋に詰めて差し上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more