テーマ:

人間椅子とデボくん その37

「デボくんただいまあ」 「イカくれ!」 「ああイカね、はいはい」 「写真じゃねえか!ホンモノくれよ!」 「あれ、塩焼きより生の方がいい?」 「さっきバター焼きしてただろ!分かってんだ!」 「うん、もうみんな食べちゃった」 「ひでえ!足の先っぽでもいいから食わせろよー!」 「もうない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間椅子とデボくん その36

「デボくん、今日はね、」 「コラ!夜中ダヨ!なに考えてやがんだコノヤロー」 「あしたはガバイ佐賀に行くから忙しいのよ」 「佐賀ぁ?何しに行くんだよ?」 「お魚食いに」 「呼子か!イカ食いにいくのかよ!ひっでぇ!俺もいく!」 「無理無理!お荷物お荷物、泊まりだし」 「なんだよもう!もー!」 「んで”野垂れ死に”和嶋慎ちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間椅子とデボくん その35

高千穂名物”ヘルメット地蔵” 「メットかぶってるだけじゃん、ホントに名物かよー」 「さあ?近所の人以外ほとんど知らないと思う」 「なんでヘルメットなんだよ」 「彼のいる後ろ側が落石注意っぽいからじゃないの」 「なるほど、親切な人間がいるもんだな」 「きょうは”三悪道中膝栗毛”2004年の作品だよ」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間椅子とデボくん その25

宮崎県にある高千穂鉄道。 十年ほど前の台風被害のため今は幽霊路線。 「”幽霊列車”ゴダイゴの鉄道は宇宙行きだけど、人間椅子の列車はあの世行きです」 「人間椅子らしいじゃん、この映像もいいよな、スズケンが幽霊になってるし」 「幽霊の姿がよくお似合いだよねえ」 「幽霊の恰好させたら日本じゃ右に出るやつぁいねー」 「こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトに雪

 朝起きたら、外はまっ白だった。五センチくらいである。ふかふかの雪。こうしている間にもどんどん降り積もる。  九州にも雪は降る。ここは九州のほぼ真ん中あたりに位置する。山都町という。  ヤマトというとなんだかカッコいい。戦艦大和、宇宙戦艦ヤマト、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)。  この町の名前は読んで名のごとく「山の都」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more