テーマ:つぶやき

震災と戦争

阪神・淡路大震災が発生して今日でちょうど15年。15年!もう15年も前のことなのか、と少々驚いてしまう。  昨夜、震災時の神戸新聞社の人々の活動の様子が、公開されることのなかった実際の写真を織り込みながらドラマ化されていた。地震直後の悲惨な現場にカメラを向けなければならない記者さんたちの苦悩がグサグサと心に突き刺さる。被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトに雪

 朝起きたら、外はまっ白だった。五センチくらいである。ふかふかの雪。こうしている間にもどんどん降り積もる。  九州にも雪は降る。ここは九州のほぼ真ん中あたりに位置する。山都町という。  ヤマトというとなんだかカッコいい。戦艦大和、宇宙戦艦ヤマト、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)。  この町の名前は読んで名のごとく「山の都」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイガー

 阪神タイガース、タイガーウッズ、タイガー魔法瓶…今年は寅年である。ちなみに国際自然保護連合の発行するレッドデータブックによると、トラは絶滅危惧種に指定されている。近い将来、野生での絶滅が心配されるらしい。中でもシベリアトラはレッドデータブックにおいてさらに上ランクの絶滅寸前種だということである。  普段の生活において、我々はトラが絶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱肉強食 その4

 またヘビとネズミの写真である。くどい。毎日なにを語ろうかとネタに困っているのだ。今日の写真は、ハンターの口から獲物のしっぽがちょろ~んと出ている。これでネズミはヘビの血となり肉となる。  人間だって同じだ。豚や牛やニワトリを食う。昔はいで家のある村でも、村の祭りの日にはニワトリをさばいて食っていた。首をちょん切ると、ニワトリは首なし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱肉強食 その3

 クマにおそわれた、ハチにさされたといった被害が報告されるものの、日本には危険な動物といわれるものが比較的少ない。よその国には毒を持ったものや人間をも食ってしまう動物が、その辺の森や川にフツーにいたりする。凶暴な動物なんちゅうものは人間から見た限りのことであって、自然界では当たり前のことである。とはいうものの、その辺の川にワニがいなくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱肉強食 その2

 ヘビにひっとらえられたネズミが暴れるのをやめると、ヘビは獲物のあたまをパクッとくわえた。こんなおおきな獲物でも、やはり丸呑みするつもりらしい。人間のようにゆっくり噛んで味わうもへったくれもありゃしない。彼らはただ生きるためだけにエサを呑むのだ。  脇で見物している人間たちは、もちろんネズミを助けようなどとはつゆほども思わない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱肉強食 その1

 弱いものの肉を強いものが食う。動物の世界ではあたりまえのことだが、資本主義の経済界においても弱肉強食はフツーだ。日本国が進むべき方向へのみちしるべは何をもってそれとすべきなのであろう。  んなこたあどうでもよいとして、今年の夏のお話である。  いで家は野菜農家である。夕方になると、出荷用のとれたての野菜さんたちを袋に詰めて差し上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空の話 その1

 宇宙の話が好きだ。はじめて天体望遠鏡を覗いたのは小学4年生の時、いとこの兄ちゃんが月を見せてくれた。まるで宇宙に行ったように見える、というので、ファインダーを覗くのが恐ろしかった。おそるおそるファインダーの穴に目をあてると、真っ黒い空間にとても眩しい月。つるんとしている。月の淵をよーく見ていくと、本やテレビでしか見たことがない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州の山 その2

 九州の山は全体的に丸っこく穏やかである、といわれる。こまかく見てゆけばそりゃあ転落死するような上級者向けの山もあるが、だいたいの山は命綱無しで気軽に登ることができる。とはいっても油断は禁物である。筆者は山に入る前、失礼しますよ、入らせていただきます、と一礼するし、近くに神社や祠があれば手をあわせる。だからなんだといわれても仕方のない、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬 その5

 今朝はとても寒かった。九州山地の標高1400メートルあたりから上のほうはまっ白である。うっすらと雪が積もっているのだろうか。木は霧氷で覆われているのだと思う。とても美しい。 「ハッ!コラ!お前!散歩つれてけよ!また漏らすからな!」 「…デボくん、朝の第一声が漏らすってなによ、起きたらまずおはようでしょ、オハヨウ」 「知る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬 その4

 すがすがしい月曜日の朝っぱらからこんなグロテスクなものを載せるなよ!と言われそうである。これは庭で発見したデボくんのうんこだ。見事に直立している。器用なやつだ。ちゅーか庭でしたらイカーン! 「しょーがねーだろ!我慢できねんダヨ!」 「デボくん、ときどき車でうんこ踏んじゃうことがあるんだけど、きみのうんこはなんちゅーか、とて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬 その3

 デボくんのケツである。幸運なことにアスホールまでは写っていなかったので採用した。 彼はケツを触られるのがとてもお嫌いである。普段はとてもおとなしい彼の小さなカワユイケツを追いまわし、がっちりとつかむと突然、キバをむきだしガウワウと怒り出す。普段まったく怒ったりしないのでなんだか新鮮である。 「オラ!てめーまたくだらねーこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more