テーマ:登山

由布岳。

はあぁ~山行きてぇなー。 由布岳登りてー。 登ってきました。 いやあー山は癒されるぜ。 キタナイ顔が写らぬよう、登頂写真は後ろ姿で小さく。 「どこ行ってたにゃ?」 やまー。 「山育ちのくせになんで山にいくにゃ?」 …山が恋…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

九州の山でし。

毎日暑い日が…暑くてもメシは食わねば。 「はらへったにゃ」 「早くメシくれよ」 「いつもこうにゃ」 「いつまで待たせんだ」 「まだにゃ?」 「いまヨシて言った?」 「あんたが泥棒猫みたいなまねするからにゃ」 「台所のドアあけたのオメーだろ」 「オイラはデブだか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯布院から。

 「メシくれー」 「メシくれよー」 おすわり。 まて。 よし! ガツガツガツガツ!(コテツ) カリカリポリポリゴックン。(ふぶき) コテツは早食い、ふぶきは食うのが遅い。 「ふうー。」(休憩) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯布院ですー。

 「キモチいいにゃ」 「若いおねえさんの手はやさしいにゃ」 「きょうは若いお姉さんが家に来ました、悪かったね若くなくて」 「ふあぁ~」 「何だか今日は顔がカワイイよ二匹とも、どったの?」 「そりゃーおまえ、おねーちゃん超やさしーもん、お前なんかオニババじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマキリシマ観賞登山(雨天決行)

 先週の9日の日曜日である。 九重の山々のなかの一つである平治岳に登った。 言い出しっぺの相方が雨天決行などと言いやがるもんだから、朝からシトシトお天気の中、車を走らせ男池登山口へ。 晴れた日より車が少ない。当然である。しかし駐車場はそこそこいっぱいだ。 こんな雨の中登っているモノ好きが他にもけっこういたので安心した。 山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯布院なう。

ミヤマキリシマの季節である。 湯布院町内からでも、由布岳の標高の高いところがピンク色に色づいているのが分かる。 …この写真ではよくわからん。 登るヒマがないので登っちゃいないが、双眼鏡で見るかぎり、中腹の花は満開を過ぎ、てっぺんの花はまだ鮮やかなピンク色をしている。 今日の天気は曇り。花目当ての登山者もさぞ多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間椅子と後釜 その66 国見岳編

「”棺桶ロック”鈴木研ちゃんの曲です」 「監獄じゃなくて棺桶!スズケンらしいじゃなーい?」 「ちなみにユニコーンのは”看護婦ロック”アーチストによって色々でオモロイですよね」 「自分の葬式を自分で見てる的な状況?」 「ですねー、最近はホラー系テレビ番組がめっきり減っちゃいましたね」 「ロードショウでもあんまりやってないしさあ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間椅子とデボくん その34

「祖母山です」 「北側はもっと積雪があります」 「九州山地です、椎矢峠方面です」 「祖母山って名前さあ、姥捨て山からきてるんじゃないの」 「なんも知らねーやつだな、神武天皇のばーさん祭ってあるからだろ」 「へええ~そうなの?さすがデボくん」 「夏になっても氷が解けない穴があんだよな、九州じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間椅子とデボくん その29

「デボくん、やっぱり山は侮れないねえ」 「なにこれ、階段?先が見えねーじゃん、オレ無理」 「ハイキング的な山にこんな仕掛けがあるとは」 「仕掛けじゃねえだろ、親切に階段つくってあんじゃねーか、大変だぞ、こんだけの距離つくるの」 「うんそうだね、今日は”暁の断頭台”ジャケットの写真がこの曲のカンジかな」 「シャレにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪中行軍

 南国宮崎県の五ヶ瀬町にはスキー場がある。ウチから車で三十分、五ヶ瀬ハイランドスキー場である。東国原知事や完熟きんかんたまたまで有名な宮崎県は、海岸沿いは本当に温かくサーファーもたくさんいて天気の良い日が多いのだが、スキー場のある北部の山々には毎年大量の雪が積もる。今年の冬は先月の中頃からずっと積雪が確認できている。もちろんスキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトに雪

 朝起きたら、外はまっ白だった。五センチくらいである。ふかふかの雪。こうしている間にもどんどん降り積もる。  九州にも雪は降る。ここは九州のほぼ真ん中あたりに位置する。山都町という。  ヤマトというとなんだかカッコいい。戦艦大和、宇宙戦艦ヤマト、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)。  この町の名前は読んで名のごとく「山の都」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州の山 その2

 九州の山は全体的に丸っこく穏やかである、といわれる。こまかく見てゆけばそりゃあ転落死するような上級者向けの山もあるが、だいたいの山は命綱無しで気軽に登ることができる。とはいっても油断は禁物である。筆者は山に入る前、失礼しますよ、入らせていただきます、と一礼するし、近くに神社や祠があれば手をあわせる。だからなんだといわれても仕方のない、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬 その5

 今朝はとても寒かった。九州山地の標高1400メートルあたりから上のほうはまっ白である。うっすらと雪が積もっているのだろうか。木は霧氷で覆われているのだと思う。とても美しい。 「ハッ!コラ!お前!散歩つれてけよ!また漏らすからな!」 「…デボくん、朝の第一声が漏らすってなによ、起きたらまずおはようでしょ、オハヨウ」 「知る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州の山 その1

 熊本といえば阿蘇山である。今でも毎日もくもくと煙をはきだしている活火山だ。火口の底にはエメラルドグリーンの水たまり。とても美しい。よーく見ていると、水中からボコボコと何かが絶えず湧きあがっているのが分かる。恐ろしい。  しかしそんな地獄のような光景の周辺には、草原や牧場が広がっていて、牛があちこちで草を食んでいる。初夏にはミヤマキリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more